December 2008

Nickが5-6年前に仕込んだバグで、high order allocationがfragmentationで失敗すると、kswapdが無限ループになる。というバグがあって、それをバグ報告してきた人がいたんだが、修正パッチを作ったりテストしたりと手伝っていたら、彼からReviewed-byもらってしまったよ。

人のパッチのレビューとか「絶対」しない人なのに・・・

Jiri Pirko の作ってきたパッチがなんか変だったので、作り直し。

BSDの挙動を調べるために、おうちのパソコンにFreeBSD 7.0 いれちゃいましたよ。とほほ。

BSDの挙動
====
・tick毎に集計しているので、ちょこちょこusleep()入れてやらないとすごく変な値が出てくることがある
・fork()で値はリセット、ただし、RUSAGE_SELFは簡単に再計算できるため実質リセットされてないが
(それでもRUSAGE_SELFが0を返す瞬間があるのはいかがなものかと思う。メモリ使用量0ってなんだ)
・exec() では値は継承

ysatoさんのありがたい助言に従ってuclinux.orgのtoolchainでハックしてます。
楽ちんですばらしいです。

しかし、m68knommuはdefconfigだと、最初からビルドが通らないことを発見。うーん、こんなツリーを使っていていいのだろうか。

今朝から突然、自分のブログが重くなったので、オライリーの「ハイパフォーマンスWebサイト」で紹介されていたIBM Page Detailer Basic (http://alphaworks.ibm.com/tech/pagedetailer) でレイテンシ解析

明らかにF2Cのアクセス解析Blogパーツが悪さをしている。即刻ステステ。i2cに乗り換えた
おお、劇的に高速化した。よきかなよきかな。

LKMLって間違った英語を話す人がすごく多いんだけれども、みんなで首尾一貫して間違っていたりすると、LKML内では正しい言葉になる。
で、観察していて気づいたのだが、英語が不得意な人って、同じように不得意な人から言い方を真似する傾向があるように思う。ネイティブな人の発言はぐわーーーと一杯書いてあるから用意に真似できないけど、カタコトの人のは2-3行だから簡単に真似できる。
こうして間違いが再生産されていくわけだ。。

なんで、KOSAKI 語しゃべってるんだろう、コイツ。とか思ってしまったよ。

↑このページのトップヘ