むう、昨日やったページの横幅を間にする処理が大失敗で、IE以外ではマトモに見れなくなっていた orz

IEのCSSバグ紹介ページとかCSSによる段組レイアウトの紹介ページとかを見ながらハックハックハック!!

CSSってブラウザの互換性問題で、作法が超複雑になっているというのが良く分かった。
マジしんどいっす。


どうも float: leftなdivが2つあって、以下のようにスタイル指定されていた場合、

<div id="div_a" style="float:left; width150px">
</div>
<div id="div_b" style="float:left">
</div>

正しい解釈はdiv_bの横幅の計算でdiv_aのことを考えずに(だってdiv_aはfloatだから)横幅を計算して、結果的に幅100%になって、
あらら、div_a と div_b 足したら親要素の横幅超えるじゃん。
だから、div_bはdiv_aの下に回りこむ。
という事になるらしいのだが、IEはfloatの計算がてきとーらしい。
φ(.. )メモメモ


てゆーか、「見た目を気にしないから」という怠惰(プログラマの美徳の1つ)な理由でwidth削っただけなので、その後始末で何十倍もの時間をとられるとは是如何に?

バグがあると、つい真っ当な形で修正したくなってしまうのはある種の職業病だよなぁ・・・
とかとか。

ところで、IEで見たときのみ、1番目の記事のタイトルだけまだオカシイんだけど、誰か理由教えてくれないかしら??


追記: そして、今度は印刷プレビューがめちゃくちゃに。うがががが