なんかスラドのトピックが立っていたので、しばらくコメント読んでた。

元記事: http://gihyo.jp/admin/clip/01/linux_dt/201011/18

スラド: http://slashdot.jp/linux/article.pl?sid=10/11/21/0354238

なんか全然とんちんかんなコメントが結構あってSN比悪いね。
正直gihyoの記事はスラド本家からパクってきたのが丸わかりで評価が低かったのだけれども、いい感じに誤解が誤解を生んでいるようだ。

誤解1: いままで誰も思いつかなかったミラクルなパッチである。ひゃっほー
誤解2: ttyのロックを減らすのに意味がある
誤解3: このパッチはWindowsがやっているようなフォアグラウンドアプリの優先度をブーストするパッチである

ふはは
これをミラクルパッチだと思ってる人はLKMLにはいないんじゃないかな。あれはカーネル開発者が普段どういうワークロードを流しているかを考えるのが重要なのであって棚。ふがふが

てゆーか、そろそろ僕はまた原稿書かせてくださいって頭を下げに行くべきだと思うんだ。